[No.008]起業に向けてするべきことは何ですか?

[回答]何で起業をするのか決まっている場合は、ビジネスモデルの再点検です。一定のタイミングで、自分がそのビジネスにかかりっきりにならなくても、収益を生み出すことができるか否かが重要です。

特に何で起業したいが決まっていないのであれば、経営コンサル業か人材紹介事業の会社に入社してたくさんの会社の事業をお金をもらいながら勉強することで視野が広まります。そのつながりで経営者からヘッドハンティングされることがありますし、やりたいことが見つかる可能性も高いです。士業を除くと人材紹介業界の出身者が独立し成功しているケースが多いと感じています。

[No.007]大日本印刷に就職したいのですが、どのような人材が好まれますか?

[回答]一部のグループ会社を除いて、法人とのビジネスが主ですから、顧客の課題をきちんとヒアリングでき、その会社から信頼を勝ち得ることができる人材か否か、という点が大きいと思います。また、大日本印刷は、「核印刷」と「拡印刷」という言葉を掲げ、「印刷」というコア技術をベースに様々な領域に進出しています。そうした点では柔軟な思考で、新たなビジネスを創造できる人も好まれます。

[No.006]広告業に就職したいのですが、身につけておくべきスキルはありますか?

[回答]幅広い知見と頭の柔らかさです。広告のターゲットにより響かせる戦略が変わるので世の中のことに広く興味を持つ必要があります。また、人として当然広告主様やクリエイティブの人たち等周りから好かれる必要があるので、コミュニケーション能力も重要です。

[No.005]就活に向けてすべきことはなんですか?

[回答]1. 自己分析です。質問表をって、家族、親戚、大学の友達、古くからの友達、アルバイト先の人、などなどいろいろな人に同じ質問に答えてもらうと、自分がそれぞれのコミュニティにおいて見せる顔が異なることに気づきます。それが、就職活動のとき、「この企業のカラー」と「○○における自分のカラー」が合うなど客観的に見れると良いと思います。もちろん、自然な自分のカラーとマッチする会社を選ぶのが良いのですが、その後のキャリアを考え、少し背伸びするのもアリだと思います。

2. とにかく大企業だけではなく、中小含めていろいろな企業を見たほうがいいです。その際に、その会社の業界が今後どうなのか、その会社がどうやってお金を稼いでいるのか、何が強みなのか、その会社が広まることによって社会がどうなるか、たくさんの会社を見ることだと思います。かかわってみたい業種業態が浮かぶことがあると思います。

3. 自分に限界を設けず、何でもチャレンジしてみる。失敗や苦労を恐れないで、勢いをもってほしいと思います。

[No.004]システムエンジニアになりたいのですが、商大卒で苦労したことなどありますか?

[回答]SEも領域が広いので文系・理系とか**大学がどうのということは特に意味がありません。持っている知識・経験をどうソリューションに繫げるかが重要です。技術の進歩が速いので常に勉強の必要な職種です。苦労の多い職種と思います。

[No.003]銀行に就職したいのですが、仕事のできる人とできない人の違いはなんですか?

[回答]銀行であるかどうかはあまり関係ないですが、

・自分の担当している仕事・案件に関し、本質を理解しているかいないか
・やりきる行動力があるかないか
が重要です。

[No.002]国家公務員になるには2年次になったら大原に行くほうがいいのですか?

[回答]大原専門学校に行くことは手段としてはとても良いことだと思いますし、そうすべきだと思います。努力と成果は比例するため、やれることには是非ともトライすべきです。

[No.001] 面接において大切なことは何ですか?

[回答] 重要であると思われることは主に7つあります。
1.なぜその会社を受けるのか?(選んだ理由)
2.社会人として目指す姿は?
3.大学で何を学び、それがどのように活かされるのか?
4.自分の強み、弱みは?
5.学生時代に感動されたことは?(また何故か?)
6.自分の特技は?(それはどのようにして培われたか)
7.尊敬する人物は?(また何故か?)

これらの質問についてしっかりとした自分の答えを持っておくことが重要であると思います。成功の秘訣は「プラス思考×能力×本気」です。